T3 PLUS PCケース 安い 軽い ケースファン2基付いて コスパ良い

パソコン

写真はT3 PLUSにパーツ類を組み込んだ様子。

PCケース購入 ZALMAN(ザルマン) T3 PLUS

2024年5月購入。
庭には廃棄予定のPCケースが2つ、押し入れには使われていないフルタワーケースが1台。
(「2つ」はPCケースのみ。「1台」はマザーボード等も入ったもの)
要は、いずれ使えなくなるので、そんなに予算をかけなくてもいいかな。と思う心。
以前、PCはHDD等でそれなりに煩かった。
共振のない、しっかりとしたPCケースを求める人達は沢山いました。
今でもHDDはうるさいのですが、今回のPCはHDDレス。
静音PCへのハードルはファンの音だけ。
そんなこんなで選択したPCケースが「T3 PLUS」、メーカーはZALMAN
フロントとリアに120mmファンが標準付属して購入値段「3,980円」。
重要な注意点としては、mATXサイズ以下対応でATXマザーボードは使えません。

電源 リセットボタン I/O ポート

写真は、上から撮ってます。天板、手前になります(写真の下がPC前面)。
I/Oは、
1xMIC
1xイヤホン
2xUSB2.0
1xUSB3.0

付属品

必要なものは一通り入っています。
マニュアルは基本、英語です。ZALMAN T3 PLUS マニュアル(一部多国語案内)
図解になっているので英語力は必要ありません。
ただし、PC自作経験があればの話です。(もっとも、電源コネクタやUSBコネクタを繋げるだけなので、初心者でもなんとかなると思います。日本語になったからと言って繋げるところが変わるわけでなし、英語表記がカタカナ表記に変わるくらいです)

電源 筐体下部

電源は筐体下部で、穴あきで完全に独立(密閉化)していません。
フロント側(写真の右側)に3.5インチベイがあります(反対側からアクセス。2台分のスペース)。
電源部の穴空きはHDD等を収納するようになっているので放熱が必要なのかも。
それにしてもHDDは熱が篭りそう。

フロント・ファン。
装着ずみなので考える必要なし。
サイズは一般的な120mm。
組み立て後、まだ閉じていない状態でも動作音は静か。

リア・ファン。
こちらも設置済みで手間なし。
フロント・ファンが吸い込みで、リア・ファンが排気。
前から後ろへエア・フローされます。

写真がダメですが、サイド・パネルはガラスです。
(ビニールも取ってません)
ガラスは穴が開けられただけのものです。
この穴位置が微妙にズレていて、ハメ直すのはややキツめでした。
そもそもハマっていたものですから、ハマらない事はありません。

重さ:3.6kg
サイズ:355(D) x 206(W) x 422(H)mm

デザイン優先で、ボタンやI/Oが天板になったのだと推測。
ボタンやI/Oが前面に欲しかったのと3.5インチベイがアクセスしづらいのが少し残念。
ファンも2基ついて、安くて嬉しい。

2024年1月頃から考え始めた自作PC計画
自作PC 2024年パーツ選び(計画) 

実際の購入に至ったパーツ
2024.5 パーツ購入 自作PC プロセッサー(CPU)本命は

コメント

タイトルとURLをコピーしました