AMD CPU Ryzen 5000シリーズ 比較、違い

AMD CPU Ryzen 5000シリーズパソコン
AMD CPU Ryzen 5000シリーズ

AMD CPU Ryzen (ライゼン)とは

AMD Ryzen 5000シリーズのCPUを細かく見る前に、
CPUについてと、Ryzen CPUの世代をおさらい。

少し脱線しますが、画家の名前、固有名詞は日本人には読みづらい。・・・自分だけかな。
開発コードネームの話で、昨今は画家の名前が続いているのです。
第5世代の開発コードがRaphael。
「ラファエロ」と呼んでましたが、ラファエロならRaffaello(リンク先はWikipediaの「ラファエロ・サンティ」)でスペルが違います。
日本語で「ラファエル」と読めば、「ミカエル」「ガブリエル」と並ぶ三大天使の名前。
画家の名前で来たんじゃないのかい・・・と調べたら、「ラファエロ」の英語版ではどういうわけか「Raphael」でインデックスされています。日本語版を読むと、イギリスではラファエルと呼ばれるのが一般的である。とありました。
等と言いつつ、次の開発コードが「ミカエル」とか「ガブリエル」だったりすると恥ずかしいのですが。
– 閑話休題 –

Ryzen (ライゼン)とは、Zenと呼ぶ基本アーキテクチャを採用したAMDのCPU名称。

Zen マイクロアーキテクチャ

マイクロアーキテクチャはプロセッサ(CPU)の回路的な構造のことで、CPUの設計になります。
Zen以前はBulldozer(ブルドーザー)と呼ばれる基本マイクロアーキテクチャが採用されていて、2011年製造開始。2015年に第4世代まで開発されました。
2017年3月にRyzenが発表されています。
Wikipedia Bulldozer(マイクロアーキテクチャ)
Wikipedia Zen(マイクロアーキテクチャ)

ターゲットとする消費電力内に納める半導体(トランジスタ)の数には上限がありますので、この決められたトランジスタでどのように設計するかでCPUの特徴が決まります。
また、基本設計からの改良(世代)で、以前の世代で10サイクルで処理していたものが、次の世代では3サイクルで終了するようになるなど、処理スピードに関わる改善がされていきますので、世代が新しいほど処理能力は高まります。

CPU (半導体)の製造プロセス

7nmとか、14nmとかは、プロセスの最小加工寸法を示しています。
7nmとあれば、最小加工寸法が7nmで製造できる設備で製造を行なっている、というような意味になります。
1 nm = 0.001 µm = 0.000001 mm
です。
この最小加工寸法が小さければ小さいほど、同一面積にのせられる半導体の数は増やせます。
逆に半導体の数が同じであればチップ面積を縮小させる事ができます。
また、半導体が小さくなれば、駆動させる電力(電圧)も下げられるので、同じ電力(電圧)量で多くの半導体を実装させることができるようになります。

マイクロアーキテクチャが同じであれば、製造プロセスをより小さいものにすることで低消費電力型にできます。
もしくは、製造プロセスをより小さくすることで、同一電力の設計内で半導体の数を増やせますので、マイクロアーキテクチャをよりリッチなものに改良していくことができます。

SEMI イラストでわかる半導体製造工程
wikipedia 半導体デバイス製造

AMD CPU Ryzen 世代 デスクトップ

資料:Wikipedia Ryzen

2022年8月Zen 4第5世代Raphael(ラファエル)5nm FinFET
2020年10月Zen 3第4世代Vermeer(フェルメール)7nm FinFET
2019年5月Zen 2第3世代Matisse(マティス)7nm FinFET
2018年4月Zen+第2世代Pinnacle Ridge(ピナクル・リッジ)12nm FinFET
2017年3月Zen第1世代Summit Ridge(サミット・リッジ)14nm FinFET

風の噂には聞いてましたが、5nmの世界なんですね。テクノロジは十分、魔法じみてるな。

AMD CPU 世代 デスクトップ APU

資料:Wikipedia Ryzen
モバイルAPUを出してから、デスクトップAPUを出されています。

2021年4月Zen 3第4世代Cezanne(セザンヌ)7nm FinFET
2020年7月Zen 2第3世代Renoir(ルノワール)7nm FinFET
2019年6月Zen+第2世代Picasso(ピカソ)12nm FinFET
2018年2月Zen第1世代Raven Ridge(レイヴンリッジ) 14nm FinFET

AMD CPU 世代 モバイル APU

資料:Wikipedia Ryzen

2022年1月Zen 3+第4.5世代Rembrandt(レンブラント)6nm FinFET
2021年1月Zen 3第4世代Cezanne(セザンヌ)7nm FinFET
2020年1月Zen 2第3世代Renoir(ルノワール)7nm FinFET
2019年1月Zen+第2世代Picasso(ピカソ)*112nm FinFET
2017年10月Zen第1世代Raven Ridge(レイヴンリッジ) 14nm FinFET

*1:Ryzen 3 3200Uのみ14 nm

AMD Ryzen 5000シリーズ

一次情報は、以下のAMDのプロセッサーページ。
AMD Ryzen™ 5000 シリーズ デスクトップ・プロセッサー

コア数、スレッド数、基本クロック、最大ブーストクロック – 仕様(スペック)

コア数スレッド数基本(ベース)最大
AMD Ryzen 9 5950X 16323.4GHz4.9GHz
AMD Ryzen 9 5900X12243.7GHz4.8GHz
AMD Ryzen 7 5800X3D8163.4GHz4.5GHz
AMD Ryzen 7 5800X8163.8GHz4.7GHz
AMD Ryzen 7 5700X8163.4GHz4.6GHz
AMD Ryzen 7 5700G8163.8GHz4.6GHz
AMD Ryzen 5 5600X6123.7GHz4.6GHz
AMD Ryzen 5 5600G6123.9GHz4.4GHz
AMD Ryzen 5 56006123.5GHz4.4GHz
AMD Ryzen 5 5500 6123.6GHz4.2GHz

コア数、スレッド数を見ると、
6コア(12スレッド)のグループ
8コア(16スレッド)のグループ
12コア以上のグループに分かれています。
ベースクロックではRyzen 5 5600Gの3.9GHzが最高
最大ブーストクロックでは、Ryzen 9 5950X が4.9GHzで最大

L1キャッシュ、L2キャッシュ、L3キャッシュ、TDP – 仕様(スペック)

L1L2L3TDP
AMD Ryzen 9 5950X 1024KB8MB64MB105W
AMD Ryzen 9 5900X768KB6MB64MB105W
AMD Ryzen 7 5800X3D512KB4MB96MB105W
AMD Ryzen 7 5800X512KB4MB32MB105W
AMD Ryzen 7 5700X512KB4MB32MB65W
AMD Ryzen 7 5700G512KB4MB16MB65W
AMD Ryzen 5 5600X384KB3MB32MB65W
AMD Ryzen 5 5600G384KB3MB16MB65W
AMD Ryzen 5 5600384KB3MB32MB65W
AMD Ryzen 5 5500 384KB3MB16MB65W

L1キャッシュは、コア毎にデータキャッシュ/命令キャッシュが各32KBのコアで64KB。
L2キャッシュは、コア毎に512KBになります。
L1、L2キャッシュに関しては、上記のキャッシュサイズ✖️コア数です。

グラフィックス、GPUコア数、GPU周波数、CPUクーラー – 仕様(スペック)

GPUGPUコア数GPU周波数CPUクーラー
AMD Ryzen 9 5950X 
AMD Ryzen 9 5900X
AMD Ryzen 7 5800X3D
AMD Ryzen 7 5800X
AMD Ryzen 7 5700X
AMD Ryzen 7 5700G内蔵82000MHzWraith Stealth
AMD Ryzen 5 5600XWraith Stealth
AMD Ryzen 5 5600G内蔵71900MHzWraith Stealth
AMD Ryzen 5 5600Wraith Stealth
AMD Ryzen 5 5500 Wraith Stealth

コードネーム、プロセス、オーバークロック、PCIe 世代、価格 – 仕様(スペック)

製造プロセスサイズは、全て、7nm FinFET
Unlocked for Overclocking(オーバークロック用にロック解除)は、全て Yes
CPU開発コードネームは、グラフィックス内蔵の5700G、5600G及び5500がCezanne(セザンヌ)
それ以外はVermeer(フェルメール)
Cezanne(セザンヌ)はPCIe 3.0で、Vermeer(フェルメール)はPCIe 4.0
価格は2023.4.6の価格.comの最安値(参考価格)。

コードネームConnectivity価格
AMD Ryzen 9 5950X VermeerPCIe 4.078,800
AMD Ryzen 9 5900XVermeerPCIe 4.043,835
AMD Ryzen 7 5800X3DVermeerPCIe 4.045,580
AMD Ryzen 7 5800XVermeerPCIe 4.030,980
AMD Ryzen 7 5700XVermeerPCIe 4.027,480
AMD Ryzen 7 5700GCezannePCIe 3.026,480
AMD Ryzen 5 5600XVermeerPCIe 4.023,480
AMD Ryzen 5 5600GCezannePCIe 3.018,448
AMD Ryzen 5 5600VermeerPCIe 4.019,779
AMD Ryzen 5 5500 CezannePCIe 3.013,980

そんなにブンブンCPUを回すこともないので、コスパやスペック的に5600が良さげ。
ブンブンCPUを回す人は、ベースクロックや最大ブーストクロックの高い5900Xや5800X。
そういう意味では、5700Xは5800Xの省エネ版みたいなCPUになっている。

Ryzen 5 5600 と 5600X の相違点(違い)

ベースクロック、最大ブーストクロックがそれぞれ 0.2GHz、5600Xの方が高い。
くらいしか相違点が見つからないのですが、
AMD Ryzen 5 5600 vs AMD Ryzen 5 5600Xに詳しかったです。
相違点(違い)は以下

56005600X
ベースクロック3.5GHz3.7GHz
ブーストクロック4.4GHz4.6GHz
最大メモリ64GB128GB
ECCサポートなしあり

サポートメモリが、DDR4-3200定格なのは同じですが、最大メモリ量やECCサポートに違いがありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました