AMD Ryzen 7000シリーズ(ソケット AM5 CPU) プロセッサー 一覧 比較 相違

Ryzen7000シリーズパソコン
Ryzen7000シリーズ

AMD プロセッサー Ryzen (ライゼン)とは

AMDの現行CPU(2024年)はRyzen(ライゼン)と呼ばれるシリーズで展開されています。
マイクロアーキテクチャのZenが発表されたのが2016年、生産開始が2017年。
製造プロセスでは6世代が過ぎました(Ryzen 8000Gを含む)。
以下にRyzenの歴史と現在をまとめました。
AMD CPU Ryzen (ライゼン)とは
本記事では、Ryzen 7000シリーズを取り上げます。

その他のCPU Ryzen 5000シリーズ、8000Gシリーズ

2024年1月31日 Ryzen 8000Gシリーズの発売になりました。(日本発売は2月2日)
Ryzen 8000GはGPUが強化されてますが、L3キャッシュの半減、PCIeレーンが少ないなど、Ryzen 7000シリーズとの棲み分けがされています、Ryzen 8000Gのスペックをご確認ください

Ryzen 7000シリーズの前のデスクトップ向けCPUは、Ryzen 5000シリーズになります。
AMD CPU Ryzen 5000シリーズ(ソケット AM4) 比較一覧、違い

AMD Ryzen 7000シリーズ

一次情報は、以下のAMDのプロセッサーページ。
AMD Ryzen™ 7000 シリーズ デスクトップ・プロセッサー
Ryzen 7000シリーズはデスクトップ用CPUです。
Ryzen 5000シリーズからの大きな変化は、
・ソケットAM5(<-ソケットAM4)
・DDR5メモリ(<-DDR4メモリ)
・PCI-Express 5.0対応(マザーボード毎に実装は異なる)
・製造プロセス5nm
・ZEN4
・GPU内蔵(IOD)
となります。

AMD Ryzen 7000シリーズ 価格

値段は2023年12月15日の価格.com調べ。
リンクは価格.comの該当製品ページ。

参考価格
Ryzen 9 7950X3D99,980
Ryzen 9 7950X88,291
Ryzen 9 7900X3D71,527
Ryzen 9 7900X71,190
Ryzen 9 790065,680
Ryzen 7 7800X3D53,980
Ryzen 7 7700X42,480
Ryzen 7 770041,980
Ryzen 5 7600X32,480
Ryzen 5 760028,280
AMD Ryzen™ 5 7500F

型番補足

型番に「X」がつくのが通常消費電力版。
型番に「X」がつかないのがTDP 65W版。
65W版は通常消費電力版より基本クロックが低くなります。

X3D とは

Ryzen 7000 X3Dは、第2世代の3D V-Cacheを採用したCPU。
通常の(3D V-Cacheでない)CPUより、2倍〜3倍のL3キャッシュを搭載します。
CPUはまず、L1キャッシュにあるデータを利用しようとし、L1になければL2、L2になければL3のキャッシュデータを使用しますが、それでもなければメモリ、ストレージから取得します。
キャッシュ内にデータがある場合、CPUは高速に処理を続けますが、メモリ、ストレージとCPUから遠ざかるほど、待ち時間が増えます(CPUは処理データが揃うまで待機する)。
よくゲーム用マシンに最適とか案内されていますが、サーバー用にも魅力的に思います。
一般個人向けでは、これほど巨大なL3キャッシュは仮想マシンを何台も動かしてでもいない限りいらないかな。
正直、予算(懐)次第。

コア数、スレッド数、基本クロック、最大ブーストクロック – 仕様(スペック)

リンクはAMDの製品ページ

コア数スレッド数基本(ベース)最大
Ryzen 9 7950X3D16324.2GHz5.7GHz
Ryzen 9 7950X16324.5GHz5.7GHz
Ryzen 9 7900X3D12244.4GHz5.6GHz
Ryzen 9 7900X12244.7GHz5.6GHz
Ryzen 9 790012243.7GHz5.4GHz
Ryzen 7 7800X3D8164.2GHz5.0GHz
Ryzen 7 7700X8164.5GHz5.4GHz
Ryzen 7 77008163.8GHz5.3GHz
Ryzen 5 7600X6124.7GHz5.3GHz
Ryzen 5 76006123.8GHz5.1GHz
Ryzen 5 7500F6123.7GHz5.0GHz
Ryzen 7000シリーズ コア数、スレッド数、ベースクロック、最大クロック

L1キャッシュ、L2キャッシュ、L3キャッシュ、TDP – 仕様(スペック)

リンクはAMDの製品ページ

L1L2L3TDP
Ryzen 9 7950X3D1MB16MB128MB120W
Ryzen 9 7950X1MB16MB64MB170W
Ryzen 9 7900X3D768KB12MB128MB120W
Ryzen 9 7900X768KB12MB64MB170W
Ryzen 9 7900768KB12MB64MB65W
Ryzen 7 7800X3D512KB8MB96MB120W
Ryzen 7 7700X512KB8MB32MB105W
AMD Ryzen™ 7 7700512KB8MB32MB65W
Ryzen 5 7600X384KB6MB32MB105W
Ryzen 5 7600384KB6MB32MB65W
Ryzen 5 7500F384KB6MB32MB65W
Ryzen 7000シリーズ キャッシュサイズ

L1:64KB/1コア
L2:1MB/1コア

グラフィックス、GPUコア数、GPU周波数、CPUクーラー – 仕様(スペック)

リンクはAMDの製品ページ

GPUGPUコア数GPU周波数CPUクーラー
Ryzen 9 7950X3D内蔵*122200 MHz
Ryzen 9 7950X内蔵*122200 MHz
Ryzen 9 7900X3D内蔵*122200 MHz
Ryzen 9 7900X内蔵*122200 MHz
Ryzen 9 7900内蔵*122200 MHzAMD Wraith Prism
Ryzen 7 7800X3D内蔵*122200 MHz
Ryzen 7 7700X内蔵*122200 MHz
Ryzen 7 7700内蔵*122200 MHzAMD Wraith Prism
Ryzen 5 7600X内蔵*122200 MHz
Ryzen 5 7600内蔵*122200 MHzAMD Wraith Stealth
Ryzen 5 7500FAMD Wraith Stealth
Ryzen 7000シリーズ 内蔵GPU、CPUクーラー

*1:AMD Radeon™ Graphics

Ryzen 5000シリーズでは、内蔵GPUはRadeon Vegaでした。
Ryzen 7000シリーズはVegaの後継アーキテクチャになるRDNA 2のGPU。
ただしゲームをやれるようなスペックではないと言うものの、H.264/H.265のハードウエアエンコーダーは入っている様子。

CPUクーラーについては、記載のあるものは同梱です。

AMD Ryzen 7000シリーズ まとめ

コア数やスレッド数、キャッシュサイズなどは、AMD Ryzen 5000シリーズと同じようなラインナップになっています。
Ryzen 5000シリーズがCezanne(セザンヌ)で製造されていたり、Vermeer(フェルメール)で製造されていたりしてややわかりにくいのに対し、Ryzen 7000シリーズはRaphael (ラファエル)だけで製造されているので仕様が一貫してわかりやすいです。

コメント

  1. 匿名 より:

    GPUコアが内臓になっています。
    何かぐにゃぐにゃしたものが内包されているみたいな

    • R(アール) より:

      GPUコアだけではありません、(カメラの)「内臓フラッシュ」から何から何まで、サイト全体が「内臓」だらけでした。有機合成された未来の・・・な訳はなく。
      数えるくらいしかコンテンツのないうちで助かりました。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました